Vielen Dank.

地球上で最期の一言は『ありがとう』で。
いつか。
0
    遠く離れる程に
    近くに近くに感じて
    手を伸ばせば触れていた頃より
    もう二度と会えない今のほうが
    実は安心出来ている
    思いを馳せる
    たとえ届いていなくても
    いつか返事が来るのを
    待つほうが
    たのしい。
    | 散華 | 23:13 | comments(2) | trackbacks(0)
    いえ。
    0
      海が好き?
      山が好き?
      って聞かれて
      家が好き
      って云ったら
      一瞬あきれてたけど
      うなずいてくれてありがとう。
      | 散華 | 13:35 | comments(2) | trackbacks(0)
      いのち。
      0
        最期の時は
        ぽっくり逝きたい。
        お礼も云わずに
        失礼するけど
        今のうちに伝えておけば
        その時に思い出してもらえるかしら
        ありがとう。
        ありがとう。
        ありがとう。
        いのちをわけてくれたあなたへ。
        | 散華 | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0)
        めざめ。
        0
          明け方に目が覚めて
          時計を見て安心する
          まだ、ここに居て良いのだと。
          あと数時間後には
          わたしはここにいない。
          | 散華 | 02:53 | comments(2) | trackbacks(0)
          あたりまえのこと。
          0
            なんでももっているあなたを
            いつもうらやましいと思っているけど
            でも、ひとつだけ
            あなたは、わたしには
            なれない。
            わたしがあなたになれないように。
            | 散華 | 23:38 | comments(2) | trackbacks(0)
            よる。
            0
              眠れない夜は
              起きていればいい。
              最後には皆、眠るのだから。
              | 散華 | 20:34 | comments(2) | trackbacks(0)
              ゆめ。
              0
                繋いだ手を
                離すまいと
                握り返したら
                ふっと力がぬけて
                するりと離れた
                感覚さえも残っていない
                こちらが夢なのだ
                早く夢が終わればいい
                そうしたら、また探せばいい
                繋いだあの手を。
                | 散華 | 22:19 | comments(2) | trackbacks(0)
                なつのひ。
                0
                  もう十分生きてきたのだから
                  昔のことは思い出さなくて
                  いいんだよ、と
                  云われるたびに
                  鮮明に思い出す
                  空の色も、服の模様も
                  あのときの匂いも
                  そうしてまた夏がきて
                  すべてが過去のことだと知る。
                  | 散華 | 22:38 | comments(2) | trackbacks(0)
                  なみ。
                  0
                    湖上にゆらぐ
                    小さな舟は
                    風にあおられ
                    それでも
                    自然な動作で
                    転がることなく
                    むしろ、波を操っているのは自分なのと云わんばかりに
                    右へ、左へ
                    流れるように
                    すべるように
                    いつのまにか彼岸に着いて
                    早くいらっしゃいと、こちらにいった。
                    | 散華 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0)
                    | 1/1PAGES |
                    CALENDAR
                    S M T W T F S
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << May 2017 >>
                          @meilensteine
                    SELECTED ENTRIES
                    CATEGORIES
                    ARCHIVES
                    RECENT COMMENT
                    LINKS
                    RECOMMEND
                    PROFILE
                    qrcode